和室の魅力

「八百万の神の国」の家

私たちの国は「八百万の神の国」と昔から言われている。木にも、モノにも神がやどる国。と言う事は、「家」も神様と言う事だね。

脱力系ライフオーガナイザー®
徳島お片付けラボ
エクリュプラス
竹内真理のブログ

サービス詳細はこちらから

お問い合わせはこちらから

メインブログ「片づけめがねで見る世界はsimpleで美しい」

 

八百万の神の国・日本。

子供たちは、米粒一つにも神様が宿ると教わって大きくなる。

 

着物を縫う針にも、髪をとく櫛にも、神様が宿ると信じているから、

私たちは「捨てる」事が苦手だ。

だって、なんか申し訳ないし、下手するとたたられそう💦なんてね。

スポンサーリンク

 

だから、お雛様や着物を手放すのも、えらく躊躇する。

もちろん家を建てるときには、地鎮祭という儀式をする。

土地の神様にご挨拶をして家を建てさせてもらうために。

 

そこまでの日常をおくりつつ、日本人って「え、宗教とか特にないよ。ぼくは無神論者だよ」なんて言うけども・・・いやいや。

 

私たち日本人は、生活の中に宗教があまりにも自然に溶け込みすぎて、

息を吸うように神様を信じ、何の疑いもなく正月はお参りにいくのです。

 

意識してなかったけどね。

 

 

■家という神様

針にも、櫛にも、トイレにも、神様は宿る。

と言う事は、家自体も神様みたいなもんだと思わない?

家族を守ってくれる神様。

 

きれいに掃除すると、家の雰囲気が軽くなるし、

しばらく家を空けると、げっそりとやつれたように家は傷む。

お客様がたくさん来る家は、栄えるとおじいちゃんも言っていた。

 

家も神様。

そう思っていても罰は当たらないよ。

神様というのが抵抗があれば、「意識体」だと思ってもいい。

モノも、家も、「意識体」だ。粗末に扱っていいモノなんて、何一つない。

 

■神様は不浄を嫌うから

家が神様だと思ったら、ちょっと気持ちが変わってくる。

だって、神様は「不浄」を嫌うのだから。

 

神社がいつもピカピカなのは、そのせいっていうじゃない。

神様が喜ぶのだったら、そりゃそれが一番だよ。

 

■神様って「あなた」自身でもあるんだけどね

そんなふうに、「日本にはたくさんの神様がいる」と思っている日本人はきっと多い。

でもね。

 

ついつい忘れがちだけど、

本当は八百万の神とは、人間も含めて全てが神という意味らしい。

そう、あなたも、八百万の神の一人なんだ。

 

スポンサーリンク

 

「古事記」とか読んでもわかるけど、日本の神様って、なんか完璧じゃないんよね。

いろんな個性の神様が、たくさん集まって、助け合ったり、けんかしたり、結婚したりする。

まるで今を生きる私たちと、そう変わらない。

 

遅くに帰ってきて、靴下を脱ぎっぱなしにするあなたのご主人様も、神様。

ランドセルを玄関ホールで「ばーーー」ってやるあなたの息子も、神様。

 

そう考えたら、なんかほほえましくなって来ちゃうよね(^^。

 

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 和室の魅力

    現代和室の残念な立ち位置

    今日は現代和室にモノ申す!らくちんなのに素敵に暮らせる「わがま…

  2. 和室の魅力

    「日本人らしい暮らし」って何だろう。

    次のトレンドは「和風」が来るんじゃないか。という予測をしたら、なんかわ…

  3. 和室の魅力

    【今まで損してたかもね】「和室」への思い込みとベストな使い方

    和室。日本人だもの、畳が無いのはなんか不安ですよね。だから家作りの時に…

  4. 和室の魅力

    日本人的ソファ活用法と、これからのリビングスタイル再考

    ソファ、どう使ってる?らくちんなのに素敵に暮らせる「わがまま間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 家作り

    デコレーションケーキの家はもう終わり
  2. 引っ越し

    【保存版】引っ越しの手抜きマニュアル
  3. バックヤード理論

    【stayhome家事分担】旦那さんも片づけやすいキッチンってどんなキッチン?
  4. ライフオーガナイズ

    一番散らかるのは何ですか?
  5. 家作り

    「リビングのとなりの和室って中途半端な使い方になりがち」問題
PAGE TOP