バックヤード理論

忘れがち!こんなにもある「【裏】でやりたいリアルな暮らし」

人生、見せ場ばっかじゃないよ。

らくちんなのに素敵に暮らせる
「わがまま間取り」
を探求したい

脱力系ライフオーガナイザー®
徳島お片付けラボ
エクリュプラス
竹内真理のブログ

サービス詳細はこちらから

 

こんばんは。

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

素敵モデルハウスでイメージされる「ゆっくりとお茶を飲むスタイル」が日々の暮らしの中のほんの一瞬の「表」の顔でしかない・・という話をずっとしてきているわけですが、

ほんじゃあ、日々の暮らしの中の大部分を占める「裏」の顔とはどのような事なんでしょうか。

具体的に考えて見ましょう。

スポンサーリンク

■想像できる範囲の「素敵にしようがない日常」あるある

素敵ライフを実現したくても、なかなかそうもいかないのが現実。

それはあなたが「片付けが出来ない」から?

一概にそうとは言い切れません。

以下の状況が訪れた時、誰しもが「素敵ライフ」を維持しにくくなりがちです。

・結婚。夫婦二人の持ち物が重なり合います。一人暮らしどうしならば、なおさら。趣味も違うし捨てるのももったいないし、どうしよう。

・妊娠期間。つわりが激しくて何もできない。最悪ごはんづくり、洗濯ができていたらOKと言う事にしてくれ。

・子供が生まれる前はうれしくていろいろとベビーグッズ買っちゃう。今までスッキリしていた部屋が突然ファンシーに。

・ベビー誕生!退院してから一週間は寝てろって言われたし、ベビーは夜も寝ないから、昼間はリビングで布団敷いて寝てます・・・。紙おむつ、脱脂綿、ミルク・・・常に片手にベビーを抱えているから、片づけも片手で出来る事しか出来ません。

・ベビーハイハイ期。キッチンや引き出しまでハイハイでやってきて、中身をどんどん出し始めます。ベビーガードやbabyゲージも登場。ソファが邪魔。

・幼稚園。作り物大好き。段ボール、折り紙、空き箱。大物を作って「捨てるな」と言い始めます。

・旦那が病気。寝室で寝ればいいのに、わざわざリビングで布団をしいて寝るのはこれいかに。熱はそんなに頻繁に測らんでいい!と言いたいがそこは我慢我慢・・・。

・ランドセルは玄関に置いて広げるスタイル。プリントは床に広げるスタイル。

・部活スタート。デカい部活バッグは常にリビングに存在する。持って上がってほしいと言えば「なんで」と言い返される。明日も使うのに、といわれたら確かにその通り。でも、素敵なソファの上にいつも部活バッグが乗っかっているのは、悲しすぎる。

・子供が病気。自分の目に届く範囲に寝かせたい。二階では不安だ。リビングに布団を敷いてあげよう。

・土日に子供の友達がわんさか遊びに来た。親は居場所がないから、仕方なく二階の寝室に避難するもヒマ。

・ムスメの彼氏が遊びに来た。リビングを通って二階の子供部屋に上がる?ちょっとまて、片づけてから呼んでよ。

・結婚した息子家族が正月に泊まりにくるという。孫たちはテレビゲームに夢中でリビングを占領・・・。かわいいから許すが、またもや居場所がない。

・年を取って二階に上がるのがきつくなってきた。服も一階で着替えたい。一階で全ての生活をこなしたい。

今想像できた範囲でも、これくらいのライフイベントがあります。

結婚→子育て期間→老後

家を建てる時には、ある程度「人生でどんな事が起こりうるか」予想がつく範囲で想像してみる事が大事だと思うので、私の経験の範囲でピックアップしました。

全くライフスタイルが違う人もいるでしょうが、当てはまる部分もあるのではないかと思います。

 

これらの事をこなしながら、きれいなリビングを維持するのって、まあまあ難しいと思いませんか?

[quads id=3]

■暮らすという事は、散らかる事。定位置もどんどん変わる。完璧に美しく・・など無理。

ウェディングドレスも、毎日は着ない。

おしゃれライフじゃなくても、

baby期のぐっちゃぐちゃも、子供思春期のあれこれも、とても大切な時期です。

その時期その時期に「片付け」を教える事はそりゃ大切ですが、

「ゆっくりお茶を飲む素敵リビング」をママが勝手に目標に設定して「片付けなさい!」と叫ぶのはいかがなものか。と。

 

家庭とは、社会における「裏」でもあります。

家庭という「裏」があるからこそ、社会で「表」の仮面をつける事が出来る・・・とも言えませんか。

 

だから、家庭の中にも来客をもてなすという「表」家族の暮らしを支える「裏」が必要で、

理想のイメージとリアルな暮らしの相違「【表と裏】もともと日本人はバックヤードが暮らしの中心だった?」

 

その「バックヤード」とは

単なる『モノ』のバックヤード・・・というよりは、

 

人を含めた暮らし自体をまるっと包み込む「裏側の暮らし」そのもの の事・・。

 

 

つまりは、「裏のリビング」があれば、いろんな事が解決するんじゃないか。

 

 

というのが「バックヤード理論」

私の考える「新しい定番の間取り」の仮説なのです。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お問い合わせ・アクセス

スポンサーリンク

関連記事

  1. バックヤード理論

    「片付かないのは収納がせまいから」という考えの落とし穴

    収納が狭いのは、たしかにハードル高いけどね。らくちんなのに素敵に暮…

  2. バックヤード理論

    【ちょっとの変化で大違い】「楽に生きる」を叶える新発想の和室リビング案

    スッキリしすぎると落ち着かない・・って言われたことありませんか。ら…

  3. バックヤード理論

    モデルルームに住んでみる。あ、もちろん妄想の中での話ね。

    素敵モデルルームでお片付け相談会をしてきました。らくちんなのに素敵…

  4. バックヤード理論

    片付かない理由は「間取り」にある・ずぼらクローゼットのススメ

    「片付かない理由は間取りにある」と言い切ってしまっているが、実…

  5. バックヤード理論

    今の「普通の家」の間取りの欠点

    今の「ふつうの家」が散らかる間取り的欠点とは。らくちんなのに素敵に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バックヤード理論

    「自分達らしい」を守る暮らしのカタチを模索するブログ
  2. 家作り

    日本人のための「しあわせなふつうのいえ」
  3. バックヤード理論

    片付かないのは間取りのせいかもしれない ・「散らかるパターン」は決まっている!?…
  4. ライフオーガナイズ

    「散らかる理由の共通点5つ」
  5. バックヤード理論

    片付かない理由は「間取り」にある・ずぼらクローゼットのススメ
PAGE TOP