ローコストで豊かな家を建てる。

私たちの理想は常にぐんぐん引き上げられる!コストアップの罠を自覚して堅実な家作りをする方法

らくちんなのに素敵に暮らせて低コストな「わがまま間取り」を探求したい
脱力系ライフオーガナイザー®徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理のブログ
サービス詳細はこちらから

お問い合わせはこちらから

メインブログ「片づけめがねで見る世界はsimpleで美しい」

 

こんばんは。徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

家を建てる計画がある方は、今は夢を膨らませている段階かもしれませんね。

私もそうでした。雑誌を読み漁り、情報を仕入れ、頭の中で理想のイメージを膨らませました。

もちろん、予算には限りがありましたから、実際にはいろいろと断念しましたが・・・。

 

こだわりを手放す時には、「後で後悔しないかな・・」と不安になりました。

あきらめて、その後ずっと後悔したら、せっかく建てた家に愛着が持てなくなるんじゃないか・・・と思っちゃうわけです。

人によっては「今数万プラスしたら、掃除が楽な換気扇が手に入る・・」とか、

あと10万プラスしたらかっこいい階段に変える事ができる」とかねー。

 

で、ちりつもで、最終的にトータル追加金がびっくりするほど積みあがったりすることって、珍しくないのです。

 

あなたのその理想のイメージはどこから湧いて出た?

そもそも、私たちがイメージする敵な家」とは、例えるなら「アイドル」みたいなものだと思ってもらうといいかもしれません。

ちょっと頑張れば自分もそうなれそうな、身近な感じの、ちょっと前のAKBみたいな感じ?

 

素敵なイメージを掻き立てる住宅展示場や、キッチンショールームに行くと魔法がかかります。

みんながそんな「素敵な暮らし」をしているような気になります。

そして、お金をちょっとかけたら、その「素敵な暮らし」が自分のものになる、と思ってしまう。

 

いったん夢を見たら、その夢から醒めるのが許せなくなるんよね。

大げさに言えば、

アイドルとは程遠い自分が許せない・・みたいに過食症になっちゃう女子高生みたいに。

 

「コストを抑えて家を建てる」という決意と「素敵ライフ」の欲求との闘い

 

家作りを始めたら、そんな欲求と常に戦い続けなくてはいけなくなるのです。

大きくはキッチンから、小さいとこだとスイッチプレートまで、金額はピンキリです。そして、良いものはやっぱり素敵なんですよ( ;∀;)。

 

しっかりとしたコスト意識が無いと、

そして、「こんな家でこんな暮らしをする。」という堅実でしっかりした価値観が確立していないと、

より良いものを売ろうとする、商売ベースの販売戦略にじわじわと負けてしまうのです。

 

普段はより安いモノを必死で買うママも、

家という買い物は規模がでかすぎて、金銭感覚がマヒする。

5万くらいなら、安いからどうせならワンランクアップしたい」とか、すぐ思っちゃうんです。

 

自分達は、なぜ家作りのコストを抑えたかったのか。

それは将来的に予想される出費を、しっかりと安全に確保して家計が破綻しないため・・・ではなかったの?

 

コスト意識を忘れないように、よほどしっかりと対策を取っておかないと、私たちはすぐに「理想のライフスタイル」という魔法にかかってしまうのです。

 

では、どうすればコストを抑えて満足がいく家が建つのか。

それは、ベースの考え方でがっつりと削減しておく事です。

 

↓関連記事

【家作り】新・「正しい理想のイメージの作り方」

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ローコストで豊かな家を建てる。

    【ホントに必要?シリーズ】ダイニングテーブルどう使ってる?

    ダイニングテーブルは全ての人に必要なのか。らくちんなのに素敵に暮ら…

  2. ローコストで豊かな家を建てる。

    【アフターコロナ予測 】今後コスト意識はより重要に~家作り・見栄との闘い~

    わかってるよ、と思うだろうけどもう一度だけ。家にお金をかけない、という…

  3. ローコストで豊かな家を建てる。

    家作り「夢」の魔法と戦う方法

    一生に一回の夢の家作り。後悔したくないから、ついつい「より良いもの…

  4. ローコストで豊かな家を建てる。

    【2020日本の住まい】それは本当に自分たちの暮らしにフィットして いるのか

    実際のところ、それ本当に必要?らくちんなのに素敵に暮らせる「わ…

  5. ローコストで豊かな家を建てる。

    ダイニングテーブル不要説 その2

    らくちんなのに素敵に暮らせる「わがまま間取り」を探求したい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ローコストで豊かな家を建てる。

    ダイニングテーブル不要説 その2
  2. バックヤード理論

    「片付かないのは収納がせまいから」という考えの落とし穴
  3. バックヤード理論

    みんな大好き!ど定番「LDK」は「全部○○!」のハイレベル間取りだった。
  4. 片付かないのは間取りのせいかもしれない

    家事楽の工夫満載の家なら片付くのか。
  5. インテリア

    【インテリア】壁のクロスどうする?悩んだ時の「日本の伝統色」
PAGE TOP