家作り

「リビングのとなりの和室って中途半端な使い方になりがち」問題

畳は絶対いる、と断言するご主人様は多いです。

ごろんと転がるには、畳。そんな日本男児の気持ちは大切にしてあげたいものの・・・実際問題、暮らしだすと、どうしてもテレビの前のラグの上でゴロンしていたりするもので・・・。

リビングの横に設置された和室を上手に使っているのを見た事が無い、というか、なんというか、不思議空間なのです。

これ、日本人独特です。西洋化しきれない、畳手放しきれない。

ライフスタイルが確立できていない事を示す事情なのではないかともおもうわけです。

だいたい、インテリア的にも、西洋風にまとめた空間に、どうしても目に入る畳は、ほかをどんなにシンプルにまとめても、違和感を生じます。

それに、使い方にしても、「子供の遊び場」や、洗濯物を畳む部屋・・みたいになって、どうも「裏方」の役割になってしまう。

それがパブリックスペースであるリビングから丸見えってのが、つらいんですよね。

■リビングから見えない場所に畳コーナーがあればいいのではないか。

私が思うに、和室というのは確かに落ち着くものです。

子供が遊ぶにも、宿題をするにも、なにより「こたつ」が似合うのです。

洗濯物を畳むのも、フローリングでは痛いし、ラグの上に洗濯物を直接置くのも抵抗がある人もいる。

その点たたみなら、OKですよね。

だったら、いっそ、裏方リビングとして、少し見えない場所に作ればいいのでは。

■家族といえ、ときには一人になりたい事も。

だいたい、家族だからといって、いつも同じ空間にいるのは苦痛な時があります。

和室とリビングが少し距離があれば、また別の空間になって、けんかしたときとか、ちょうどいい冷却期間を取る事もできます。

子供だってそう。一人になりたい事もあるでしょう。

■キッチンの近くならば、絶対に使う。

だいたい、リビングの横にある和室よりは、キッチンの近くにある和室のほうが絶対に活用出来ます。こたつがあるならば、場所は北側でも問題ありません。逆に光が安定している分、居心地のいい空間になります。

夏も涼しいですしね。

宿題で散らかっても、ダンナが転がっていても、リビングさえきれいであれば、心穏やかに過ごせます。

少しくらい、散らかっていても許せるような空間があるのは、とても気持ちが楽になります。

寒い日のお鍋も和室に行きたくなります。

お風呂上りにくつろぐのも、こっちがいいかもしれません。

着替えをするにも、ここであれば楽です。

そういう面では、和室にはしっかりとした収納があったほうがいいでしょう。

来客用の布団を置くのもいいですが、あまり来客がないのであれば、ファミリークローゼットにしてもいいと思います。

学校の制服も、部屋着もここに置く事ができたら、最高ですよね。

玄関からすぐ入れるとよりいいかもしれませんね。

これ、新しい日本の住まいの定番になるかもね!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 家作り

    平屋?二階建て?子供部屋・主寝室どうする問題とライフスタイルの変化

    一戸建てを建てる場合、ほとんどの人が二階に寝室や子供部屋を作る。…

  2. 家作り

    デコレーションケーキの家はもう終わり

    今までの家って、デコレーションケーキみたいなのが多かったんだよ。でも、…

  3. 家作り

    日本人のための「しあわせなふつうのいえ」

    らくちんなのに素敵に暮らせる「わがまま間取り」を探求したい…

  4. 家作り

    家作りは「総合学問」プロでも得意分野はみんな違うし、収納のプロは特にいないと思うべし。

    つくづく思う事だけど、全部を兼ね備えた家作りの「専門家」って、いないん…

  5. 家作り

    工務店とお客様の関係

    こんばんは徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。民法改…

  6. 家作り

    今の住宅「定番の間取り」オワコン説

    こんにちは徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インテリア

    日本人の暮らしにフィットするもの・しないもの ~日本の住文化は進化の途中~
  2. ライフオーガナイズ

    「散らかる理由の共通点5つ」
  3. 家作り

    工務店とお客様の関係
  4. ローコストで豊かな家を建てる。

    【アフターコロナ予測 】今後コスト意識はより重要に~家作り・見栄との闘い~
  5. 和室の魅力

    現代和室の残念な立ち位置
PAGE TOP