片付かないのは間取りのせいかもしれない

理想のイメージとリアルな暮らしの相違「【表と裏】もともと日本人はバックヤードが暮らしの中心だった?」

ちょっと近代の「住まい」の在り方を振り返ってみる回です。

らくちんなのに素敵に暮らせる
「わがまま間取り」
を探求したい

脱力系ライフオーガナイザー®
徳島お片付けラボ
エクリュプラス
竹内真理のブログ

サービス詳細はこちらから

 

こんばんは。

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

「片付けられない」という悩みが、現代の暮らしにおいてこんなにも深刻になっているのは、

・【モノの増加】資本主義の発達による「大量生産・大量消費」の弊害

・【時間の減少】女性の社会進出による「家事」にかけられる時間の不足

・【家事スキル】親から子への「家事スキル伝達」がなされていない

等が思いつきますが・・・

 

もう一つ、私の説としては「裏方(バックヤード)の消失」があると思っています。

片付かないのは「バックヤード」が無いから

 

 

■【表と裏】かつての日本の住宅は「客間(表)」がメイン

ここでちょこっと過去を振り返ってみた時に、

実は私たちの住宅とは「客間」が敷地の一等地にあり、家族のプライベートな空間は北側の「裏方」にあった時代が結構ありました。

農家の家なんかは、法事や親族が集まる事を前提とした「二間続きの和室」が南側を独占しており、日常の調理や洗濯はもちろん、家族のだんらんの場なども「客間」とは別の引っ込んだ北側にあったりして、家は主人とお客様のためにあるような時代があったのです。

農家ではない、一般の家にも、ほんの40年前くらいまで「応接間」が存在していました。

プライベートな空間よりも、ゴージャスな応接セット重厚な本だなに(読みもしない)百科事典などが置かれて、出窓にはアートフラワーや、「おかんアート」などが飾られたりしていたのを記憶しています。

 

しかし、実は普段は使わない「応接間」があったからこそ、

プライベートな「茶の間」は平和で、多少のだらだらは許された・・・という一面があったのかもしれません。

そのころは考えもせず「この部屋、無駄じゃね」と思ったりもしましたが・・・。

 

■「住文化」が西洋化しても残り続けた「客間としての二間の和室」

画像はお借りしました。

「応接間」が一般の家から消え始めても、

徳島のような田舎で一戸建てを建てる時は、かなりの間「二間続きの和室」に対する需要が多かったようです。

 

昔は「法事」を家でやっていたから必要だったのですが

だんだん法事などは会館などでするようになり、

正月も親戚があまり集まらない・・・などのライフスタイルの変化によって、

二間続きの和室は一般の家から姿を消してしまいました。

 

 

■和室の新しい使い方・くつろぎの場としての「リビング横の畳コーナー」

https://www.pinterest.jp/pin/633952085032363232/

しかし、客間としての「二間続きの和室」は消えても、ふつうの「和室」は残りました。

私が工務店に勤めていたころから、今に至るまで、「和室(畳)」が必要ないと言い切るお客様は、例え若くてもあまりいませんでした。

 

逆に若い人ほど「畳」に対する愛着は強く、

用途としては「ごろ寝」「子供の昼寝の場」「子供の遊び場」「洗濯物を畳む」「親が来た時に泊まる」が理由の上位に上がります。

もちろん、「お雛様を飾る」「お客様が来た時」という声もありますが、

主な欲求が「畳でごろ寝」にシフトしているから、和室の場所が必然的にリビングルームの横の南側に配置されます。

日当たりがよく、ぽかぽかの和室でごろ寝は気持ちよさそうですもんね。

リビングの横にあれば、扉をあけ放てばリビングの解放感も増します。

これが、ここ10年、いやもしかしたら20年くらいは続いている「今の定番」と言っても過言ではないと思います。

living横の和室

【対面式キッチン+ダイニングテーブル+大き目のソファのある洋風リビング+和室】

 

ここにきて、とうとう「客間」が完璧に消えてしまいました。

お客様を呼んだ時は、ダイニングテーブルか、リビングにあるソファにお通しします。

 

家族のだんらんのど真ん中に、お客様を呼び入れるという時代の到来です。

 

「プライベートとパブリックスペースの混在」

 

片づけに悩む人が増え始めた一つの理由として、この「客間」が消えた事が原因なのではないか・・・という仮説を中心に、引き続き話を進めていきたいと思います。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

※オンライン相談はじめました。(インテリア相談も有り〼)

■お問い合わせ・アクセス

スポンサーリンク

関連記事

  1. 片付かないのは間取りのせいかもしれない

    完璧主義ママの苦悩と家族から消える笑顔

    家事が完璧な事で巻き起こる弊害てなんら?らくちんなのに素敵に暮らせ…

  2. 片付かないのは間取りのせいかもしれない

    片付かないのは「バックヤード」が無いから

    バックヤードの無いホテルがきれいに片付くかっ・・・ちゅー話。らくち…

  3. 片付かないのは間取りのせいかもしれない

    家事楽の工夫満載の家なら片付くのか。

    できるなら楽に片付く工夫はたくさん欲しい。が。らくちんなのに素敵に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 片付かないのは間取りのせいかもしれない

    完璧主義ママの苦悩と家族から消える笑顔
  2. 家作り

    家作りは「総合学問」プロでも得意分野はみんな違うし、収納のプロは特にいないと思う…
  3. バックヤード理論

    【stayhome家事分担】旦那さんも片づけやすいキッチンってどんなキッチン?
  4. 家族

    【魔窟の子供部屋問題】子供部屋に本当に必要な要素とは?
  5. 家族

    誰かの説を妄信しない
PAGE TOP