ライフオーガナイズ

片付くための三要素

片付けができるようになるための本は、腐るほど存在します。

でも、その本を読んで片付くのはわずかな人のみ。

それはなぜか・・・。

片付くためには、三つの要素があり、それらがバランスよく解決していないとだめだからです。

スポンサーリンク

■収納本のカテゴリー

本屋にならぶ収納本はだいたい

・収納テクニックと実例が紹介された写真中心の本

・捨てる事を推奨する「断捨離系」

・片付けの段取りやノウハウを具体的に文章で教えてくれる本

・丁寧な暮らし系・ミニマリスト系

・楽してもいいんだよ系

だいたいこんな感じかと思います。特に最近は「楽してもいいんだよ」系が目立つような。

つまりは「心を楽にして、自分にもできるかも」と片付けへのハードルを下げるようなアプローチが人気だという事です。

■実際の片付けは絡み合った複合問題

やる気はあるけどテクニックがわからない、とか

やればできるけどやる気がおきない、とか、

やる気もテクニックもあるけど、モノが捨てられないとか・・・

状況によって、選ぶ本は変わります。

問題が一つならばその問題を解決する本を読めばもしかしたら片付くかもしれませんが・・・

実際は間取りや収納方法に問題があるうえにモノが多いとか、二つ以上の問題が絡み合っていると、結構難しいわね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ライフオーガナイズ

    家作りのコストを抑える最も効果的な方法「プラン前片付け」

    小さな家に住むためには、モノを捨てなくてはいけない・・のではなくて…

  2. ライフオーガナイズ

    「どこに何が散らかっているか、片づける前に観察する」というテクニックで片付く家を作る。

    片付けが苦手、片付かない。そんな悩みを持つ人が家を建てる場合、「どん…

  3. ライフオーガナイズ

    「散らかる理由の共通点5つ」

    いろんな家に片付けに行くと、だんだん「…

  4. ライフオーガナイズ

    一番散らかるのは何ですか?

    片付く家作りの秘訣は、「一番散らかるポイント」を把握して置く事。ら…

  5. ライフオーガナイズ

    ゴールデンゾーンを意識する。

    収納スペースというのは、天井から床まで・・・と思うかもしれないが、そ…

  6. ライフオーガナイズ

    リビング近くで着替えをしたい問題

    リビングの近くで着替えをしたい問題は、つまりは一階「リビング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 和室の魅力

    【今まで損してたかもね】「和室」への思い込みとベストな使い方
  2. ローコストで豊かな家を建てる。

    【2020日本の住まい】それは本当に自分たちの暮らしにフィットして いるのか
  3. バックヤード理論

    雑誌に出て来そうなおしゃれ洋風リビングでやろうとするとストレスがかかる「日常のア…
  4. バックヤード理論

    今の「普通の家」の間取りの欠点
  5. バックヤード理論

    【想定外!】パワフルベイビー対策と「押し入れ」の活用法
PAGE TOP