家族

引っ越しでいつも失敗している方に。今度こそ完璧な「片付く仕組み」を。プロと一緒に建てる家作りとその後の維持方法。

「引っ越しを何度もしていますが、そのたびに散らかってしまうのがいやで、新築を期にプロに入ってもらい、モノの整理から収納プランまで全てを完璧に整えてもらいました。人生が変わるほどの快適さでその後何年もそれを維持して暮らしていましたが、だんたん維持できなくなってきました。」

とおっしゃるお客様がいらっしゃいました。

何年も前にそんな意識でいらっしゃった方がいたとはびっくりでしたが、仕組みというものは永遠ではないという事もまた、当たり前ではありますが、改めて意識しました。

プロの仕組み。ライフスタイルが変わると維持できない?

仕組みをプロに作ってもらうのは、そのプロのやり方にお客様が合わせていられるうちはいいが、だんだんとモノが増えたり、ライフスタイルが変わると、それもまた難しくなってきます。

本当にその人にとってやりやすい方法で無理がない仕組みであったり、または変化する事に対して、微調整する力がお客様にない場合は、またプロに依存する事にもなります。

それはそれでよいとは思いますが、少しずつの微調整くらいは、自力で出来たほうがいいですよね。

はじめに仕組みを作る段階で、お客様にも十分にプランニングに関わっていただき、自分なりの意見で仕組みを作るようにすれば、考える力も備わって、後々のライフスタイルの変化にも対応できるのかもしれないなと思います。

■「利き脳」を活用した仕組み作り

そのお客様は実は利き脳のタイプは「右右脳」でした。こまかできっちりした収納はむいていなかったのです。

プロが提案した収納方法は、やはりきっちりした収納でこそ収まるもの。頑張って維持していたものの、三年たって息切れしてきたのかもしれません。

きれいになった空間への喜びが、その頑張りを維持させていたのかもしれませんが、やはりずっと頑張り続ける事は苦痛でもあります。

ほどほどでもいい。大きく乱れない工夫や、子供の成長にともなって、子供たちにも主体的に片付けにかかわってもらうためにも、今一度仕組み化を考えるべきなのかもしれませんね。

■子供部屋の衣類がぐちゃぐちゃに

お話を聞くと、男の子の2人部屋は衣類が散乱して収拾がつかなくなっているとのこと。

洗濯物を畳んで渡しても、床に置きっぱなしで、タンスには仕舞わない。

まあ、男の子にキチンとすることを求めても、その必要性を感じていないのならば難しいかもしれませんね。

何がめんどうで行き詰っているのか。

しまうのが嫌なのか、今の現状で困っている事はないのか。

特に困っていないなら、放置するもよし、様子をみてみるという心のゆとりも時には必要かもしれませんね。

自分の城ではない、という意識が多少なりともあるものです。

独立したら、また変わるかもしれませんし、

なにせ、とりあえずは、チャンスを見て話を聞く事からはじめてはいかがでしょうか。

怒らず、手助け。まずは観察です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 家族

    【魔窟の子供部屋問題】子供部屋に本当に必要な要素とは?

    子供部屋が狭いとかわいそう? 今日も「家作りの当たり前を疑う」シリーズ…

  2. 家族

    忘備録

    2020.5.18 日記2020.3.コロナに関する一連の世の…

  3. 家族

    【子供の室内遊び】今だから出来る「わくわく空間づくり」

    子供と過ごす自粛期間を楽しく過ごすアイデア!らくちんなのに素敵に暮…

  4. 家族

    【リビング散らかり問題】くつろぎ?スッキリ?片付けの基準を決める。

    「散らかる」とは「生きる」事と同じ。らくちんなのに素敵に暮らせる…

  5. 家族

    誰かの説を妄信しない

    2020.5.19コロナ自粛でいろんな事を調べまくってしまって、頭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 家作り

    工務店とお客様の関係
  2. バックヤード理論

    【ちょっとの変化で大違い】「楽に生きる」を叶える新発想の和室リビング案
  3. ライフオーガナイズ

    「どこに何が散らかっているか、片づける前に観察する」というテクニックで片付く家を…
  4. インテリア

    【インテリア】壁のクロスどうする?悩んだ時の「日本の伝統色」
  5. ローコストで豊かな家を建てる。

    【2020日本の住まい】それは本当に自分たちの暮らしにフィットして いるのか
PAGE TOP