家作り

今の住宅「定番の間取り」オワコン説

こんにちは
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

今の定番の間取りといえば、

対面キッチン
その前に
ダイニングテーブル
ソファ+リビングテーブル+テレビ
リビングの横に和室

キッチンの近くに洗面脱衣室

二階に主寝室+子供部屋2部屋+ウォークインクローゼット

こんな感じの要素の組み合わせです。

もう30年くらいはこのパターンでほぼ変化なく、進んでいるんじゃないかな。

スポンサーリンク

片付かない悩みって、実はこの定番の間取りのせいなんじゃないの?

私は、ずっと思ってることなんだけど、

この定番の形って本当に普遍なんだよね。

まず

・対面式キッチンの魅力が強すぎてほぼ新築時に95%くらい採用(竹内調べ)

・ダイニングテーブル新築時導入率90%(竹内調べ)

・ソファ購入率85%(竹内調べ)

・和室採用率90%(竹内調べ)

これらのアイテム、とてもとても人気なんです。外せない要素なんです。

でも、本当に本当に、これらの要素ははずせないんでしょうか。

リアルな日常生活で、それらの活用具合はどんな感じなんでしょうか。

 

対面式キッチン

バーのママごっことか、昔憧れました。

昔は、キッチンの並びはこのような「対面式キッチン一人勝ち」のような状態ではありませんでした。

L字型、コの字型、もちろん懐かしい壁づけI型も健在でした。(←キッチンメーカー勤務時代の情報)

キッチンにもいろんなバリエーションがあったのです。

それから30年ほどたち、「対面式もいい加減飽きたな、違うパターン出てこないかな」と思いつつも、

こればっかりはとても根強い人気があり、まだしばらくは「対面式」は定番としてあり続けると思います。

(ちなみにこの対面式ブームは、私が調べるに「日本独特」のような気がする。海外はそこまでこれ一辺倒になっていない。独立型も健在。)

 

人気の理由は「家族のほうを向いて作業できる」と同時に「足元や手元が隠せる」という部分ではないかと。

お客様の声を聴いても、どうも、「隠れる」という要素は、かなり私たちに安心を与えてくれているようです。

 

ダイニングテーブル

ついモノが乗っかっちゃう。

しかし、対面式キッチンとセットで語られる「ダイニングテーブル」は、

よく考えたらそこまでの必要性があるのかどうか疑わしいのです。

もちろんあれば、そこでご飯も食べてるし、というか「それが当たり前」だと思うから何の疑問も持たずに使っていますが、実はこれが一般的に普及されてきたのは、今から50年~60年くらい前なのではないかと思います。

それまでは、サザエさんのように、和室の居間でちゃぶ台でご飯食べてましたよね。

 

で、60年たって、定着したのかというと、実は微妙です。

なぜか。

 

「座って食べるほうが落ち着く」と私たちが思っている可能性があるからです。

 

一人でご飯を食べる時、テレビの前のリビングテーブルにきちゃったりしません?

私も実家の母が来たら、ダイニングではなくリビングテーブルでご飯食べたりしがちです。

ダイニングテーブルの上は、なんだかモノがたくさん置かれちゃって、ご飯を食べるどころじゃなくなっている人も多い。

なんだか、作業台みたいになっている人、皆さまの中にもいるのでは・・・?

 

本当に、ダイニングテーブルって、私達に必要な要素なんだろうか。

素敵なリビングテーブルがあれば、もしかして、テーブル二つもいらなかったりして。

スポンサーリンク

まとめ

何十年も、今のスタイルを疑わず、取り入れ続けてきた私たち日本人ですが、

そもそも、その「型」って西洋文化のコピペなんですよね。

多少「靴を脱ぐ」とか「和室もつくる」なんていう独自性を発揮しているものの、

それでもまだ、本来の私たちの暮らしにベストフィットか・・・というと、実はそうではないのかもしれない。

 

なぜなら、今、「片付け」に悩んでいる人が、本当に多いから。

 

これは、単に「モノが増えた」とか「忙しさ」が理由ではなく、「間取り」がフィットしていない・・・という事も大きな原因のように思うのです。

 

私は設計士ではないけれど、片付けのプロとして、リアルな日常の側からの「必要な要素」を厳選する事は出来ると思っています。

それでは夢がない家になる・・?美しくない?

そうかもしれないけど、美しく住むためには、モノと上手く付き合える仕組みがどうしても必要です。

 

そもそも、きちんとした「箱」さえあれば、後はその人次第で美しい暮らしは、いかようにも作れるものだと思います。

 

だから、まずは根本的なところから、「今」の暮らしを見直してみたい。

そして、新しい「日本の住宅の定番の「型」」を作り出してみたいのです。

 

こちらの記事も☟

雑誌に出て来そうなおしゃれ洋風リビングでやろうとするとストレスがかかる「日常のアレコレ」ベスト10

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お問い合わせ・アクセス

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 家作り

    デコレーションケーキの家はもう終わり

    今までの家って、デコレーションケーキみたいなのが多かったんだよ。でも、…

  2. 家作り

    庭木たいへん問題

    最近は家の敷地内に木を植えない人が増えていますね。それはそれ…

  3. 家作り

    平屋?二階建て?子供部屋・主寝室どうする問題とライフスタイルの変化

    一戸建てを建てる場合、ほとんどの人が二階に寝室や子供部屋を作る。…

  4. 家作り

    これからの家作り・予想される変化

    未来なんて予想出来るはずは無い。でも、家を作る事って、つまり…

  5. 家作り

    家作りは「総合学問」プロでも得意分野はみんな違うし、収納のプロは特にいないと思うべし。

    つくづく思う事だけど、全部を兼ね備えた家作りの「専門家」って、いないん…

  6. 家作り

    「リビングのとなりの和室って中途半端な使い方になりがち」問題

    畳は絶対いる、と断言するご主人様は多いです。ごろんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 和室の魅力

    日本人的ソファ活用法と、これからのリビングスタイル再考
  2. 家作り

    「リビングのとなりの和室って中途半端な使い方になりがち」問題
  3. インテリア

    日本人床好き論
  4. 「片付けが苦手」という洗脳

    【SNS】収納内部まできれいを目指してしまう「白いボックス収納」信仰
  5. ライフオーガナイズ

    片付けを 「依頼」するなら 引っ越し前に。(字余り)
PAGE TOP