バックヤード理論

片付かないのは間取りのせいかもしれない ・「散らかるパターン」は決まっている!?片付けの現場から見えてくる「 散らかる」法則

片付かないのは間取りのせいかもしれない。

らくちんなのに素敵に暮らせる
「わがまま間取り」
を探求したい

脱力系ライフオーガナイザー®
徳島お片付けラボ
エクリュプラス
竹内真理のブログ

サービス詳細はこちらから

 

こんばんは。

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

工務店勤務時代、自社の間取りはもちろん、他社も含めてあらゆる間取りを見てきました。

そもそも、昔から「間取りフェチ」なところがあり、

同じく間取りフェチな母親と、建売住宅の間取りから、モデルルーム見学まで、「間取り研究」が趣味・・的な人間でした。

特に「変な間取り」が大好きで、

変であればあるほど、「この家に自分ならばどう暮らすか」と妄想をめぐらせるのがわくわくするのです。

 

■片づけの悩みはなぜか同じ。

 

そんなこんなで、社会人になったときから、家の間取りに関わる仕事(設計事務所めぐりの住設機器営業・インテリアコーディネーター・マンション美装・そしてライフオーガナイザー(現在))をひたすら渡り歩いてきた私。

いろんな家があるのだから、片づけの悩みも千差万別だと思ってきました。

暮らし方も、家族の趣味嗜好も全然ちがいますもんね。

もちろん、そうです。でも・・・

 

だんだん散らかる理由のトップ5くらいは、ほとんど理由は同じのような気がしてきたのです。

例えば

・ダイニングテーブルの上・キッチンカウンターの上に小物がてんこもり

・ソファの上に服その他が常に存在し、座れない。

・クローゼットがぱんぱん。もしくは洗面脱衣室まわりに服が溜まる。

・子供のおもちゃでリビングが台無し

・二階の一部屋が物置

 

いかがでしょうか。

どれか一つくらいは当てはまるのでは・・・。

片づけが苦手でライフオーガナイザーや片付けのプロに依頼してまでなんとかしなくちゃ・・と思うお客様の場合、これらのほとんどが当てはまっている事が多いのです。

 

そして、それぞれの場所に山積みになっているモノ達も、

だいたいは似たようなもので、特別その人その人の個性というのは無かったりする・・・というのは、結構意外な気がしませんか?

 

もちろん、世代によっては多少変わります。しかし、

大きくは変わらないのです。

 

例えばダイニングテーブル周りならば

薬・新聞・文房具・食品・調味料・掃除道具・個人の常に持つアイテム(ケータイ・財布・時計・鍵)

リビングも似たようなモノですが、食品の率が減り、衣類の率が上がります

子供がいればオモチャも追加されます。

 

書類の山が出来る理由も、洗面脱衣室まわりに服が溜まる理由も、どこの家も似たり寄ったりなのです。

 

 

 

と言う事は。

 

それらの「散らかる理由」を解消する「間取り」を考えればいいのではないでしょうか。

そもそも、「片付けに悩む理由」の一つは、この「間取り」、今一般的に普及しているごくごく普通の間取り・・・にあるのかもしれない。

 

このブログでは、この仮説に元づき、いろんな角度から「新しい日本の住まい」について、考えていこうと思います。

 

徳島お片付けラボ
エクリュ+竹内真理

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. バックヤード理論

    「自分達らしい」を守る暮らしのカタチを模索するブログ

    2020年始動 未来対応型プラン「New Japanese basic…

  2. バックヤード理論

    今の「普通の家」の間取りの欠点

    今の「ふつうの家」が散らかる間取り的欠点とは。らくちんなのに素敵に…

  3. バックヤード理論

    片付かない理由は「間取り」にある・ずぼらクローゼットのススメ

    「片付かない理由は間取りにある」と言い切ってしまっているが、実…

  4. バックヤード理論

    雑誌に出て来そうなおしゃれ洋風リビングでやろうとするとストレスがかかる「日常のアレコレ」ベスト10

    みんなが憧れる「ステキリビング」。「丁寧な暮らし」「スッキリライフ」「…

  5. バックヤード理論

    【ちょっとの変化で大違い】「楽に生きる」を叶える新発想の和室リビング案

    スッキリしすぎると落ち着かない・・って言われたことありませんか。ら…

  6. バックヤード理論

    忘れがち!こんなにもある「【裏】でやりたいリアルな暮らし」

    人生、見せ場ばっかじゃないよ。らくちんなのに素敵に暮らせる「わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 家族

    【リビング散らかり問題】くつろぎ?スッキリ?片付けの基準を決める。
  2. ローコストで豊かな家を建てる。

    私たちの理想は常にぐんぐん引き上げられる!コストアップの罠を自覚して堅実な家作り…
  3. バックヤード理論

    今の「普通の家」の間取りの欠点
  4. ライフオーガナイズ

    片付くための三要素
  5. インテリア

    日本人の暮らしにフィットするもの・しないもの ~日本の住文化は進化の途中~
PAGE TOP